サイクリングロード紹介

ロードバイク向けのサイクリングロードの紹介

あると便利 おすすめ度★★★(おすすめ)

【自転車スタンド】ソーホースブラケットで簡単!1,500円未満で作れる1人用自転車スタンド

 我が家は、マウンテンバイクは外の駐輪場、ロードバイクは室内保管だったのですが、この室内保管のロードバイク用のスタンドが今までなく、この度DIYすることにしました。
 自作したのは

・フレームを支えるタイプの自転車スタンドが欲しかった(安定感がある)
・フレームを支えればタイヤが床につかないので掃除がしやすい

 という要望があったためです。
 最初はディアウォールで作ろうと思ったのですが、耐荷重を考えるといわゆる「スタンド」の形の方が安定すると思い、この形になりました。

ソーホースブラケット×自転車スタンドに必要な材料


・2×4材 400~500円程度
・ソーホースブラケット 918円
・ビス 200円程度

ソーホースブラケット×自転車スタンドに必要な道具

・ドライバー(電動ドライバーがあると便利)
・ノコギリ(なければホームセンターで1カット20~30円でカットしてもらえます)

ソーホースブラケット×自転車スタンドの作り方

ソーホースブラケットを買う


 ソーホースブラケットは近所のホームセンターで購入しましたが、1~2軒目では見つからず、3軒目でようやく発見しました。木材売り場にありました。
 ソーホースブラケットはホームセンターによっては取り扱いがないので、Amazonで買った方が間違いないと思います。

サイズに合わせて木材をカットする

 自転車をどれだけ床面から離したいのか、確認しながらカットします。
 今回は75cmが1本30cmを4本用意することになりました。

木材を組み合わせる


 あとは木材を組み合わせてビスで留めるだけです。今回はソーホースブラケットを端に合わせていますが、大型の自転車スタンドの場合は、端から余裕をもたせてもOKです。
 女性がやっても30分くらいでできました。

自転車スタンドの使い方


 本来、ソーホースブラケットで作る自転車スタンドといえば、「横置き」です。脚になる部分を80~100cmに設定し、通した2×4材の部分にサドルをかけるのが一般的ですが…

 今回は1台用の自転車スタンドなので、このように「縦置き」にします。それなりの安定感を発揮してくれています。

ソーホースブラケットの使い方


 私が今回使ったソーホースブラケット300SHBの耐荷重は180kgだそうです。製品によっても異なります。
 今回は1台用の自転車スタンドですが、2台以上室内に置くようになったらこの自転車スタンドを崩して、新たに2×4材を買って組み直すつもりです。その場合は2×4材の購入費のみで済むので、500円弱でスタンドが作れることになります。
 また、ソーホースブラケットで「脚」を作ることで、テーブルを作ることも可能です。中にはブランコやハンモックまで作られる方もいらっしゃいます。
 自転車スタンドだけでなく、様々なものにもチャレンジできそうですね。

-あると便利, おすすめ度★★★(おすすめ)
-, , , , ,