サイクリングロード紹介

ロードバイク向けのサイクリングロードの紹介

大阪府

【サイクリングロード】十三峠(大阪府)の紹介

2017/09/02

 ここ十三峠は、大阪府内屈指のヒルクライムのメッカです。
 標高差は375mほどしかありませんが、平均斜度が9.2%ときつめで、中盤以降はほっと息つく暇もない坂道です。
 山登りに慣れてきて、自分の力をさらに高めたい中級以上の人に好まれるコースです。
 間違っても、初級者は手出ししないほうがよいです。ロードバイクを手押しできる勾配ではありませんので注意ください。
 そこそこきつめの勾配で、ヒルクライムトレーニングには最適なコースですので、毎回タイムを計測していけば、色々と自分なりに改良して確実に強くなれる峠です。
 メッカですので、強い人に遭遇できるのも良いです。 

十三峠の参考HP

十三峠の距離について

 4km

十三峠の標高差について

 375m

十三峠の舗装について

 アスファルト舗装、途中から道が狭くなります。

十三峠は自転車専用か?

 一般道。
 この道は、奈良大阪間の生駒山系越えの抜け道としてそこそこ有名です。そのため、狭くセンターラインのない道であるのに自動車の往来がそこそこありますので、車の接近には充分注意し、積極的に道をゆずるようにしましょう。

十三峠付近のトイレについて

 終点の峠にトイレがあります。

十三峠付近の飲食店について

 麓にジェラートアイスクリーム店があります。
 一連の区間は原則山道ですので、下にジェラートアイスクリーム屋さんがある以外は、コンビニはなく、上の駐車場にはトイレのみ、とミニマムなユーティリティです。

十三峠付近の景色について

 終点の展望駐車場からの景色は壮大です。展望駐車場からの大阪平野、大阪湾、淡路島までの大眺望、初めての方は確実に見とれるに違いありません

十三峠のレポート

スタート地点

 場所は、八尾市の大竹集落の上部、大竹7丁目の交差点がスタートになります。
 国道170号線や旧国道の東高野街道からは入口が分かりにくいですが、大阪経済法科大学を目指すと間違わずにたどり着けます

登りはじめてから

 登り始めはセンターラインが引かれている対面通行区間ですが、ほどなくセンターラインがなくなり道幅が狭くなると、10%を超える急な登り坂が始まります
 その後、20%近い急勾配の小さいカーブに何度か出くわしますが、姿勢を変える意味でもダンシングで乗り切るのがよいでしょう。

ゴール付近

 その後、水呑地蔵の駐車場を過ぎると、ヘアピンカーブの連続、最後の登りです。
 力を振り絞って漕ぎると、左手に展望駐車場が見え、到着です。

-大阪府
-, , ,