サイクリングロード紹介

ロードバイク向けのサイクリングロードの紹介

大阪府 奈良県

【サイクリングロード】竹内街道 国道166号線(大阪府・奈良県)の紹介

2017/08/25

 このコースは大阪府羽曳野市駒ケ谷~奈良県葛城市長尾になります。
 今回のコースである竹内街道は、昔の街道の風景(建物、石畳の道など)を比較的随所に残っていてツーリングならではの観光ができます
 大阪と奈良を結ぶ街道は何箇所もありますが、自動車は今や高速道路での通過が主流となっているため、この竹内街道も自動車通行量は減っています。さらにコースは旧道部分を走行するため、自転車メインといっても過言ではないものです。
 峠付近の勾配が少しありますので、初級者は気合を入れる必要がありますが、全体的に街並みを楽しむ観光要素が高いコースですので、無理せずゆっくり走行することをおすすめします。

竹内街道 国道166号線の参考HP

竹内街道 国道166号線の距離について

 10.8km

竹内街道 国道166号線の標高差について

 250m、峠までの登りと、峠からの下り

竹内街道 国道166号線の舗装について

 アスファルト舗装と、旧道部分は砂や石畳の舗装になっています。

竹内街道 国道166号線は自転車専用か?

 一般道、但し、旧道メインなので自動車往来数は少ないです。

竹内街道 国道166号線付近のトイレについて

 コンビニ、道の駅にトイレが有ります。

竹内街道 国道166号線付近の飲食店について

 道の駅、コンビニ、観光地が有ります。

竹内街道 国道166号線付近の景色について

 峠越えなのでそこそこの景色は楽しめます。
 旧街道の街並みを楽しめます。

竹内街道 国道166号線のレポート


 出発点は石川サイクリングロードや国分駅出発でもかまいませんが、コースの出発点としている駒が谷駅付近からはいきなり旧道走行で、往時がしのばれる街並みが続きます。道幅が狭いので、対向車に注意しましょう。
 その後道なりに進んでいきますが、途中春日西の交差点を旧道方向、右に入っていきます。旧道と認識できるよう砂っぽい舗装にしてあり、狭い街道筋に民家が繋がります。この舗装が先へ先へと誘導してくれます。六枚橋付近の走行も舗装のとおりで、見事に新道部分を回避して進めます

竹内峠まで登り

 以降は竹内峠まで登りとなりますが、道の駅までは旧道部分、狭く風情のある道が続きます。
 そして道の駅で一休み、峠までは新道部分で自動車と並行しますので注意します。

峠について

 峠の大阪側の麓には二上山への登山口が用意されていますし、そのあたりには釣堀があります。
 最高標高の峠からの見晴しはそれほどではないですが、狭い範囲で奈良を見渡せます
 峠を奈良側に下りてすぐ旧道の左に下ります。落ち葉が積もって滑りやすいですので気を付けましょう。
 その後、一旦新道と合流しますが、すぐ、右手の旧道に入ります。この入口部分は見通しが悪く下りで速度がでているので注意が必要です。
 旧道に入るとまた砂っぽい舗装で両側に民家が繋がります。そこそこ急な坂道ですが、自動車往来は皆無ですので、ゆっくりおります。
 そしてゴールの磐城駅付近です。

-大阪府, 奈良県
-, , , , ,