サイクリングロード紹介

ロードバイク向けのサイクリングロードの紹介

山梨県

【サイクリングロード】みさき耕舎坂(山梨県)の紹介

2017/09/18

 このみさき耕舎坂のコースは、ロングライドライドイベントで使われ、この地域では有名なコースです。
 標高差500mを越え、少しきつめのコースではありますが、自動車の往来が少なく舗装良し、道の駅などユーティリティ抜群なうえに、完璧なまでの富士山に出会える、山梨でもおすすめのコースの一つです。 

みさき耕舎坂の参考HP

みさき耕舎坂の距離について

 8.4km

みさき耕舎坂の標高差について

 572m
 勾配は最初は緩め、中盤が10%近い勾配できつめ、最後が緩めの構成ですので、最初は飛ばさない方がよいです。

みさき耕舎坂の舗装について

 アスファルト舗装

みさき耕舎坂は自転車専用か?

 一般道、自動車走行は少ないです。

みさき耕舎坂付近のトイレについて

 道の駅にトイレ有り

みさき耕舎坂付近の飲食店について

 道の駅やレストランがあります。

みさき耕舎坂付近の景色について


 ゴール付近で富士山を眺望できます。

みさき耕舎坂のレポート

道の駅富士川について

 出発地は、道の駅富士川にするのがBESTです。そこから山の中腹あたりに見える建物のところまで標高差500m超を登りきることになります。
 道の駅には自動車を駐車でき、広いスペースでロードバイクの組み立てができ、さらにはトイレや軽食、着替えまでもできる極めて極上な基地になります。
 日本人で初めてツールドフランスに行った今中大介氏の等身大の絵や、当時のロードバイクが飾られ、バイクファンにとってはちょっとした聖地です。

ウォーミングアップ

 その道の駅から坂の麓までは自走します。緩やかな登り基調の道なので、そこでウォーミングアップします。

走り始め

 麓についたら、一呼吸置いてから登り始めます。舗装された綺麗な道ですし、道幅もそこそこあります。なおかつ対向車はほとんど来ませんので、マイペースで進めます。
 スタートしてしばらくは、小川のせせらぎを聞きながら、森林の中をえっちら登ります。そのうち中盤の勾配のきつい区間が始まり、精神的にも肉体的にもきつくなります。無理せず、少し抑え気味で漕いでいくのがよいでしょう。そのうち、森林が終わり開けてきて、段々畑の区間になります。依然勾配がきつめですが、景色の変化を楽しむことができます

ゴール付近

 ゴールが近づいてくると勾配が緩やかになり、さらに景色がよくなります。そう、麓では見えなかった富士山が顔を覗かせます。全くさえぎるものがなく完璧なまでの姿を拝むことができるのが、ゴールまでの最終区間です。
 ゴールのみさき耕舎では、蕎麦などの軽食を楽しむことができますので、同胞と戦果を語ってみましょう

-山梨県
-, , ,